食べ物を変えて、体質改善を試みる

食べ物を変えて、体質改善を試みる

健康のために気を遣い始める年齢はいくつくらいなのでしょうか。
早い人は20代でもいますが、多くの若者は、まだまだ遊びたい盛りですので、食べたいものを食べて生きているという人が大多数でしょう。
私も薄毛になるまでは、食べ物のことなんてほとんど気にしていませんでした。
特に、外食やファストフード、そしてお菓子類は、食べたい時に食べたいだけ食べていた時期もあります。
若いから、まだまだ大丈夫!と安心していた結果、今の薄毛の私の存在が出来上がってしまったのです。
食べ物は栄養バランスを考えて食べなければなりませんね。

 

 

女性向け薄毛対策の食べ物

抜け毛が増えてくると、まずは食べ物がてっとり早く改善できる対策です。
もちろん、外的な育毛剤も有効ですが、根本的に内側からも改善を試みなければ、再発する可能性が高いので、食べ物は非常に大切です。
髪や頭皮に良いとされる食べ物はありますが、それらはあくまでも補助であることを忘れずに!
一番はバランスのよい食生活が大切になります。

 

 

女性の髪を健康に保つための栄養素

 

髪の健康にもっとも必要とされるのは、以下の3大栄養素です。

 

  • タンパク質
  • ミネラル
  • ビタミン

 

 

タンパク質

髪の毛の成分の約9割はケラチンというタンパク質で構成されています。
そのため、タンパク質が不足すると、切れ毛や抜け毛などが起こってしまうのです。

 

タンパク質が多く含まれる食べ物・・・牛肉、卵、納豆やきな粉等の大豆製品など

 

 

ミネラル

骨や歯などを構成するためや、筋肉・神経の調節を行うために必要な栄養素のひとつ。
特に亜鉛・ヨウ素の必須ミネラルは、髪と深い関係があるとされています。
亜鉛には、髪の健康保持、薄毛予防効果が期待され、ヨウ素は甲状腺ホルモンの働きを正常にする働きがあります。

 

ミネラルが多く含まれる食べ物・・・牡蠣、昆布など

 

 

ビタミン

ビタミンが欠乏すると、頭皮や髪の健康維持が困難になります。
また、栄養素同士をうまく働かせるためのつなぎ役ともなります。
ビタミンAは頭皮や髪の健康保持に欠かせませんし、ビタミンB群も頭皮環境を整えて髪の成長を促します。
さらに、ビタミンEには血行をよくする働きがありますので、どれも摂取しておきたいところです。

 

ビタミンが多く含まれる食べ物・・・豚レバー、かぼちゃ、アーモンドなど

 

 

食べ物をよく見ると、食卓に並ぶ主食(お肉やお魚)、副菜(煮物など)、海藻類と、バランスよく出てきています。
即ち、こういったものを毎食きちんと食べることが重要であることが見えてきますね。
味付けはできるだけシンプルに、そして、野菜はなるべくゴミを出さないように皮も種も食べると良いですよ。
薄毛対策をしつつ、身体の内側から健康的になって、キレイな自分を目指していきたいものですね。